すきま時間で聴く読書「Audible」今なら30日間無料

想い出の一冊vol.03|もんきちさんのおすすめ!『ONE PIECE STRONG WORDS』

もんきちさんの想い出の一冊
  • URLをコピーしました!

30日間無料キャンペーン中

Amazonオーディブルは聴き放題に生まれ変わりました。
対象作品は本屋大賞『同志少女よ、敵を撃て』を含む12万作品以上!

Amazonオーディブルは聴き放題に生まれ変わりました。対象作品は本屋大賞『同志少女よ、敵を撃て』を含む12万作品以上!

この企画は、ゲストのオススメする一冊を想い出とともにご紹介いただき、私も実際に読んでみて、その本の良さをさらに引き出してみようというコーナーです。

題して

「おもひでぽろぽろ 想い出の一冊」

想い出の一冊
想い出の一冊

さて、この企画も第3回を迎えました。

今回のゲストは、出版社に勤め年間1,000冊ほどの本を読むという“出版業界の中の人”「もんきちさん」です。

もんきちさん、よろしくお願いします。

るき
るき
もんきち
もんきち

るきさん、いつも素敵な書評記事をありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

仕事で本を扱っているもんきちさんは本のプロ!
どんな本をご紹介いただけるのかとても楽しみです。

るき
るき
もんきち
もんきち

せっかくなのでじっくり考えて、仕事のエピソードが語れる本にしました。
るきさん、先に誤解を恐れずに言っておきます。

はい、なんでしょう?

るき
るき
もんきち
もんきち

今回選んだ本は、本当にオススメしてよいのか…
という気持ちも実はあります。

え?
どういうことでしょうか…

るき
るき
もんきち
もんきち

え?と思いますよね。
けれど本当にそんな気持ちです。

もんきち
もんきち

なぜこの企画にこの作品を選んだのか。
最後まで読んでいただけると嬉しいです。

プレゼンターありがとうございます。
では、もんきちさんの想い出の一冊スタートです!

るき
るき
目次

ゲストの紹介「もんきちさん」

もんきちさんのプロフィール
もんきち
です。

以前、私がツイッターであげた読了ツイートに、「その本の映画試写会で○○先生(某有名作家さん)にお会いしましたけど素敵な方でしたよ」と、メチャンコうらやましいエピソードが飛び出してくるもんきちさん。仕事で本が読めるなんて、いいな…いいな…出版業界っていいな…。

そんなもんきちさんですが、意外にもプライベートではマンガを好まれるとのことです。ブログではマンガについての記事をたくさん書かれているので、本やマンガが好きな方はぜひ「もんきちブログ」へ立ち寄ってみてくださいね。

もんきちさんの想い出の一冊

早速ですが、想い出の一冊をご紹介お願いします。

るき
るき
もんきち
もんきち

はい、僕の想い出の一冊はこちらです!

もんきちさんの想い出の一冊
タイトルONE PIECE STRONG WORDS(ワンピース ストロング・ワーズ)【上巻・下巻・2】
著者尾田栄一郎(おだ えいいちろう)
解説内田樹(うちだ たつる)
出版社集英社
発売日【上巻】2011年3月14日、【下巻】2011年4月20日、【2】2014年3月9日
ページ数 【上巻】 206ページ、 【下巻】 222ページ、 【2】 221ページ
キャッチコピーその強い言葉は、物語の世界を超えて響き渡る

本の概要

国民的人気マンガ『ONE PIECE』の名言集です。

「旅立ち」「戦い」「覚悟」「智慧」「別れ」などのテーマごとに、珠玉の名言の数々が。

『ONE PIECE』の世界を振り返りながら、名場面を楽しむことができます。

一般的な名言集と違うのは、フランス文学に精通し、翻訳などもされている内田樹氏が解説をされていること。

内田氏の解説は個人的には切り口が面白く、人によってはここが一番読みごたえがあるかもしれません。

by もんきちさん

3冊の違い

  • 【上巻】はイースト・ブルーから頂上決戦編まで(巻一~巻六十一)
    テーマは「旅立ち」「戦い」「覚悟」「智慧」「別れ」
  • 【下巻】は上巻と同じくイースト・ブルーから頂上決戦編まで(巻一~巻六十一)
    テーマは「自由」「愛」「絆」「悪」「生きる」「餞別」
  • 【2】は魚人島編とパンクハザード編(巻六十一~巻七十)
    テーマは「冒険」「英雄」「呪縛」「未来」「超越」

もんきちさん、もんきちさん!

るき
るき
もんきち
もんきち

はい、なんでしょう?

言っていませんでしたが、実はわたし能力者なんです。

るき
るき
もんきち
もんきち

なんと!
何の実を食べたのですか?

読読(ヨミヨミ)の実です。

超人系のるき
超人系のるき
もんきち
もんきち

ヨミヨミはダメです。
麦わらの一味の”死んで骨だけ”ブルックがヨミヨミの実をすでに食べているので。

…。

るき
るき
もんきち
もんきち

…。

もんきちさん!
やっぱり、読読(ドクドク)の実でした。

超人系のるき
超人系のるき
もんきち
もんきち

ドクドクの実はインペルダウン監獄(副)署長のマゼランが食べてますね。

……。

るき
るき
もんきち
もんきち

……。

ぴえん。

るき
るき

厨二病なのかな…

もんきち
もんきち

想い出の一冊のおすすめポイント

気を取り直していきましょう…。

るき
るき
もんきち
もんきち

るきさん、そういえば『想い出の一冊』ですけど、3冊でも大丈夫ですか?

問題ありません。
「ストロング・ワーズ」という同じシリーズものなので。

自分がルール
自分がルール
もんきち
もんきち

安心しました。

ちなみに、わたし本当にワンピースが大好きで単行本を全巻買っています。

るき
るき
ワンピースの単行本
もんきち
もんきち

それは良かったです。
並べると圧巻ですね。

意外な作品の選出でしたが、ワンピースファンからすると嬉しいです。
では、この本のおすすめポイントを教えてください。

るき
るき
もんきち
もんきち

はい。

もんきちさんのおすすめポイント

まず、冒頭のオススメできない気持ちの真意をお話しします。

おそらく一定の満足度は読了後、誰でも持っていただけると思います。一方で、『ONE PIECE』読者には物足りなさを感じる人もいるでしょう。『ONE PIECE』を読んだことない人には、「そうか。こんな名言があるマンガなんだな」くらいで終わる人も多いと思っています。

何が言いたいかというと、『ONE PIECE』というマンガは、表紙・ストーリー・画・セリフ全てで成り立っている作品なんです。多くの人が心揺さぶられてのめり込むのは、これらのハーモニーが抜群だから。マンガとしての完成度はもちろん、仕事においても、プライベートにおいても学びがあふれる作品にもなっています。

ひとつひとつ切り取ったとき、それはそれで魅力あるコンテンツになるのはすごいことですが、全てつなげた上で最高峰の作品となる。これを感じることができます。

この本をきっかけに、ぜひ原作に触れてもらいたいという気持ちを込めて選ばせていただきました。
 

ありがとうございます。
もんきちさんのワンピースへの愛があふれていますね。

るき
るき
もんきち
もんきち

るきさん、この本にまつわる想い出をもう少しお話してもよろしいでしょうか?

もちろんです。
思う存分語ってください。

るき
るき
もんきち
もんきち

ありがとうございます。
ではウラ話も少しお話しさせていただきます。

ゲストの想い出を深堀りしてみた

もんきち
もんきち

1作目となる上巻・下巻は2011年3月、4月に発売されました。
このとき、どんな時代だったかわかりますか?

今から10年以上前ですね…。

るき
るき
もんきち
もんきち

僕は当時、前職であらゆる本を仕入れて流通させる本のマーチャンダイザー(MD)をしていました。

MD…(聞いたことない)

るき
るき
もんきち
もんきち

『ONE PIECE』は人気最高潮の時期です。
誰もが涙した「頂上決戦編」を境に、2009年12月には初めて尾田先生原作となった『ONE PIECE STRONG WORLD』の映画公開があり、映画観覧者のみに配布される「0巻」がたちまち品薄に。

私も映画館に観に行きました。
麦わらの一味の黒のタキシード姿はカッコよかったですね。

るき
るき
もんきち
もんきち

2010年にはルフィたちが2年間修業することを誓い、第1部が終了。
「少年ジャンプ」でも4週間休載し、連載再開を待ち望むONE PIECEロス現象が発生しました。

単行本派の私でも当時の現象は覚えています。

るき
るき
もんきち
もんきち

その後、満を持して連載再開。
単行本累計発行部数は前人未到の2億冊を突破しました。

もんきち
もんきち

こんな時代でした。
とにかく出せば売れる。
店同士の商品の取り合いで、すぐに品切れ。

すごすぎてピンとこないですね。

るき
るき
もんきち
もんきち

最近の『鬼滅の刃』で395万部です。
『ONE PIECE』は400万部まで膨れ上がったので、単行本発売のたびに鬼滅現象が起きている状況です。

あれだけ話題になった鬼滅並みの発行部数がずっと続いているということですね。

るき
るき
もんきち
もんきち

僕は仕入れを担う立場だったので、とても大変でした。
自分の取引先のために出版元と交渉し、全力で商品確保していました。

もんきち
もんきち

取引先からはもっと仕入れろと言われても商品確保できず、仕事のせいで『ONE PIECE』が嫌いになりそうになったこともあります。そのくらい、すごい時代でした。

『ONE PIECE』ブームの裏側にそんな苦労話があったのですね…

るき
るき
もんきち
もんきち

そんな中、『STRONG WORDS』という初の名言集が出ることになりました。
商品確保も完了し、さあ販売というタイミングで事件が起きます。

なんと、また事件が…

るき
るき
もんきち
もんきち

2011年3月11日。

3.11…。まさか。

るき
るき
もんきち
もんきち

そう、東日本大震災です。

もんきち
もんきち

多くの被害が出たこの地震。
被災地はもちろんのこと、出版業界も大変でした。

言葉が出ません…。

るき
るき
もんきち
もんきち

製紙会社が被災し、紙がなくなりました。
あまり知られていませんが、「少年ジャンプ」も紙不足で1号分刊行できなくなりました。

もんきち
もんきち

物流が停滞し、生活必需品を優先するため、娯楽品は後回しになりました。
まずは目の前を生きるために、みんな必死でした。

いま普通に読みたい本が読めているのは、本当にありがたいことだと実感するエピソードです。

るき
るき
もんきち
もんきち

一方で、本や文字の力を再認識できるできごともたくさん起こりました。
マンガや児童誌、絵本、小説のニーズが高まり、とんでもなく読まれたのです。

参考記事
もんきち
もんきち

僕も被災地に本を届けるため、商品や物流の確保に尽力したことが懐かしいです。
原発近くにはモノを運べないので、その直前に商品を置くようなこともしました。
そのくらい、みんな本の力を必要していました。

素晴らしいお仕事です。
もんきちさんが運んだ本できっと救われた方もいると思います。

るき
るき
もんきち
もんきち

ありがとうございます。
そして、そんな中、発売されたのが冒頭の本でした。

なるほど。

るき
るき
もんきち
もんきち

「きっと、みんなの力になる」
そんな思いで届けることだけを考えて仕事をしていました。

もんきち
もんきち

本って生活必需品ではないけれど、必ず誰かの心の支えや、行動を変えるきっかけになる力がある。
それを感じた経験です。

本の力は素晴らしい!
感動して目から汗が出そうです…。

るき
るき
もんきち
もんきち

汗なら拭いてくださいね。
それから自分たちの都合ではなく、人に喜ばれるもの、悩みを解決するものをとことん徹底して、本の企画や開発を行いました。

もんきち
もんきち

この時期の経験が、僕のコンテンツビジネスの根幹を支える土台を作ってくれたと思っています。

もんきちさんの基礎を作った。
これぞ想い出の一冊にふさわしい本ですね。

るき
るき
もんきち
もんきち

はい。
その後、僕は転職して今は出版社で働いています。

もんきち
もんきち

誰かの知識になる、悩みを解決する、幸せになれる、など相手に寄り添った商品づくりを今も変わらず心がけています。

貴重なお話をありがとうございます。
もんきちさんの本に対する想いと、本の魅力が存分に伝わりました。

るき
るき

では、もんきちさんのエピソードを踏まえて今回は3冊読んでみます。

るき
るき

もんきちさんの想い出とともに読んでみた

ONE PIECE STRONG WORDS

読み終わりました。

るき
るき
もんきち
もんきち

いかがでしたか?

ワンピースファンにはたまらないですね。
早速ブックレビューを書いてみました。

るき
るき

サクッと読めるブックレビュー

本の概要

少年漫画の象徴『ONE PIECE』の名場面を切り取った総集編のような本です。尾田先生が監修し、実際のマンガのコマが用いられているため、ワンピースファンには自信をもってオススメできる安定の集英社クオリティ。ONE PIECEを読んだことのある方のほうがより楽しんでいだたけることでしょう。
 

私とONE PIECE

定期的に訪れるONE PIECE全巻読み返したい衝動。私は人生で5回ほど全巻読み返していますが、それでも前回は5、6年前なので内容を忘れている部分もありました。今回このSTRONG WORDSシリーズを読み、記憶がよみがえってくるとともに、全巻読み返したい衝動が再燃してきました。

ONE PIECEの連載が始まったのが1997年。20年以上たった今なお少年漫画界のトップを走り続けています。物心ついたときから身近にONE PIECEがあるのに、ストーリーに矛盾なく、今も先が読めない展開を繰り広げていることは本当に感慨深いものがあります。
 

ONE PIECEのすごみ

愛されるキャラクター、感動的なセリフ、ワクワクする世界観、惚れ惚れする画力。どれをとっても本当に一級品。それを期限もページ数も決まっている週刊誌というステージで、何十年と続けているのはすごいという言葉では表現しきれません。

私もこの記事ではセリフでストーリーを進めていますが、背景や設定などをセリフにのせるのは正直難しいです。(比べるのは失礼ですが。)丁寧に説明するとセリフが長くなり、かといって簡潔に書くと分かりづらくなります。人に見せるために書くブロガーになって、改めて物書きのすごさを身に染みて実感しました。
 

もうひとつの見どころ

さて、このシリーズには内田樹氏の十数ページに渡る「解説」が巻末に掲載されています。この解説がまた非常に読みごたえがあります。
印象に残ったのは、ウソップの責務について語られていたところ。際立った弱さに苦しみ、仲間を守るためではなく本当の意味で麦わらの一味から離脱という心理的危機を経験した唯一のキャラクター。そんなウソップに与えられた責務について、ONE PIECEの最終話のラストひとコマの予想にまで言及した解説は妙に納得してしまいました。
ワンピースファンの方はぜひ手に取ってみてください。

もんきち
もんきち

さすが、ONE PIECE好きのるきさん!
素敵な感想をありがとうございます。

えへへ。

るき
るき
もんきち
もんきち

このような切り口で読むと、作品のすごさ・魅力を改めて感じることができますよね。
コンテンツの力ってすごい!!

ちなみに私のベスト・オブ・ストロングワードは、頂上決戦編のエースのセリフ。
「愛してくれて…ありがとう!」です。
もんきちさんは好きなセリフありますか?

るき
るき
もんきち
もんきち

「強さってやつは力だけじゃねぇ、技だけでもねぇ。心だ。」
というゾロのセリフが好きです。

映画『珍獣島のチョッパー王国』で出てきたセリフですね。

るき
るき
もんきち
もんきち

己の信念を曲げず、ひたすらに努力を重ねる彼の姿勢。
不器用だけれど仲間を思う姿勢も含めて魅力的ですよね。

では、もんきちさん。
ずばりこの本の評価はおさるが何匹でしょうか?

るき
るき
もんきち
もんきち

おさるが3匹です!

猿
サル
さる

でました!
過去最高のおさるをいただきました!

るき
るき

なんだそれ

もんきち
もんきち

もんきちさんにオススメしたい本

今回もんきちさんにオススメしたい本はかなり悩みました。

るき
るき

本のプロに対して失礼とも思ったのですが、思い切ってオススメしちゃいます。

るき
るき
もんきち
もんきち

読んだことない本かな?
ぜひぜひ。

もんきちさんにおすすめしたい本

タイトル読書という荒野
著者見城徹(けんじょう とおる)
出版社幻冬舎
発売日2018年6月6日
ページ数237ページ
キャッチコピー出版界の革命児による圧倒的読書論がここに誕生!

もんきちさんは同業者なのでご存じかと思いますが、幻冬舎社長・見城氏の読書論が語られた一冊です。そして、編集者は異端児・箕輪厚介氏。

るき
るき

「豊富な読書体験を経なければ、武器となる言葉は獲得できない」と見城氏がおっしゃるように、豊かな感情や表現力を身に付けるには読書が重要だと再認識できます。

るき
るき
もんきち
もんきち

見城さんの出版への貢献度は本当に計り知れないと思います。
読書って本当に良いですね。

同感です。

るき
るき
もんきち
もんきち

読んで満足ではもったいない。
ぜひ読んだことをアウトプットしてほしいです。

アウトプットは本当に重要ですよね。

るき
るき
もんきち
もんきち

小説なら感動を誰かに伝える。
自己啓発書なら早速実践してみる。
それがより本の魅力を感じるきっかけになると思います。

もんきちさん、聞きにくいのですが、、、
最後に以前から気になっていたことを質問してもよろしいでしょうか?

るき
るき
もんきち
もんきち

はい、なんでしょう?

出版社の方にとって「書評ブロガー」の存在はどう感じていらっしゃいますか?

るき
るき
もんきち
もんきち

出版業界で働く身としては、とても嬉しく思っています。
ぜひ読者の方が「本を読みたい」「読書っていいな」と思ってもらえる記事を更新してほしいです。

そう言っていただけると嬉しいですね。
これからも頑張ります。

るき
るき
もんきち
もんきち

僕も見つけ次第、拡散します!

もんきちさん、今回は貴重なお話を本当にありがとうございました。

るき
るき
もんきち
もんきち

こちらこそ、このような機会をいただき光栄です。
ありがとうございました!!

編集後記

私にとっての挑戦

第3回想い出の一冊。いかがでしたでしょうか。

今回のゲストは出版社に勤めるもんきちさん。本を扱うプロです。私にとってもんきちさんをゲストにお招きすることは、ひとつの挑戦でもありました。

例えるならガジェットブロガーがスティーブ・ジョブズに向けてレビュー記事を書いたり、投資ブロガーがウォーレン・バフェットに自分の投資論を語るようなもの。

そんな意気込みで今回の企画に挑みました。

そんな中、私のつたないブックレビューを真剣に受け止めてくださり、本に対する熱い想いを語っていただき、本当に感謝しています。

少しハードルの高いことに挑戦する。この経験により、読書ブロガーとして少しでも成長できたと信じたいです。

もんきちさんにとっての挑戦

今回もんきちさんにオファーした際、「せっかくなら出版業界の裏側もわかるようなエピソードを紹介できれば」ということで、ご厚意によりなんと数千字にも及ぶ本への想いを語っていただきました。

本文でも述べた通り、もんきちさんは本の商品開発を手掛け、年間数百億円規模の本の流通を担い、数十億円規模のオリジナル商品を作っているそうです。

そんな本業での経験を活かし、コンテンツビジネスやコンテンツマーケティングについて公式LINEを立ち上げ、出版業界の生事例を交えて配信されるとのこと。出版業界に興味のある方や本業×副業で成果を上げたい方は、ぜひもんきちさんのツイッターをチェックしてみてください。

もんきちさん

言葉の力

最後に、私が胸に刻んでいる言葉をご紹介して締めたいと思います。

こちらはツイッター上で、フォロワーのイチさんにいただいたお言葉。

「本と人をつなぐのは他ならない人」「本だけでは自身を売り歩けないし、本当に届くべき人に対して届かない」

この言葉に読書ブロガーとしての私の存在意義が集約されている気がします。

今回取り上げた『ONE PIECE』にも胸を打つ言葉がたくさん出てきますが、現実世界においても言葉の持つ力は大きいとまじまじと実感した瞬間でした。

正解がないブログ運営において悩んだり迷ってたりしたときは、私にとってのこのストロング・ワーズを思い返したいと思います。

ではまた次回お会いしましょう。

今回ご紹介した本

読書目安時間 3時間11分(3冊合計)

読書難易度
初心者向け
中級者向け
上級者向け
年代
~10代
20代
30代
40代
50代
性別
女性向け
どちらでも
男性向け

最後まで読んでいただきありがとうございました。

るき
るき
audibleのバナー

30日間無料キャンペーン実施中

  • 2022年1月より聴き放題に生まれ変わったAmazonオーディブル
  • 聴き放題対象作品は本屋大賞受賞「同志少女よ、敵を撃て」を含む12万作品以上
  • 家事をしながら、通勤しながら、忙しい人でも「ながら読書」で続けられる
  • 無料体験期間内に解約すれば一切料金は発生しません(いつでも退会可能)
もんきちさんの想い出の一冊

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次