すきま時間で聴く読書「Audible」今なら30日間無料

【朝井リョウ】爆笑エッセイ「ゆとりシリーズ三部作」おすすめの読み方|外では危険

  • URLをコピーしました!

30日間無料キャンペーン中

Amazonオーディブルは聴き放題に生まれ変わりました。
対象作品は本屋大賞『同志少女よ、敵を撃て』を含む12万作品以上!

Amazonオーディブルは聴き放題に生まれ変わりました。対象作品は本屋大賞『同志少女よ、敵を撃て』を含む12万作品以上!

▶▶▶ 聴く読書Audibleを無料体験する

つき
つき

外では読めないと噂の、朝井リョウさんのエッセイが気になる…。

平成生まれ初の直木賞作家・朝井リョウさんの、ゆるいノリで書かれた笑えるエッセイ「ゆとりシリーズ三部作」

読書が苦手な方でも、頭からっぽで純粋に文章を読む楽しさが味わえる作品です。

それぞれ単体で読んでも楽しめますが、ただでさえ抱腹絶倒のおもしろいエッセイをもっと楽しむためのおすすめの読み方があります。

ゆとりシリーズ三部作を楽しむ秘訣

  1. 読む順番を守る
  2. 関連書籍をあわせて読む

この記事では、朝井リョウさんの「ゆとりシリーズ三部作」を存分に楽しむ秘訣を詳しく解説します。

「ゆとりシリーズ」を未読の方はもちろん、既読の方も参考にしてください。

るき
るき
この記事を書いている人
  • ブックキュレーター
  • 2022年180冊読了
  • 小説から実用書まで幅広く
  • 読了ツイート発信中(
るきです

この記事は、RUKI BOOKS管理人るきが実際に読んだ感想をもとに作成しています。

目次

朝井リョウの爆笑エッセイ「ゆとりシリーズ三部作」とは?

朝井リョウさんの爆笑エッセイ「ゆとりシリーズ」は三部作で構成されています。

タイトル時をかけるゆとり風と共にゆとりぬそして誰もゆとらなくなった
出版社文藝春秋文藝春秋文藝春秋
初版発行2012年6月26日2017年6月30日2022年8月8日
文庫化2014年12月4日(※)2020年5月8日
試し読みするKindleKindleKindle
※「学生時代にやらなくてもいい20のこと」から改題して文庫化

「ゆとりシリーズ」と呼ばれる由来

つき
つき

3作ともタイトルに「ゆとり」が付いているね。

はっきりと明言されているわけではありませんが、「ゆとりシリーズ」の各タイトルは某有名作品のパロディであると予想できます。

由来元の作品(予想)
ゆとりシリーズ
  • 時をかける少女
    (筒井康隆)
  • 風と共に去りぬ
    (マーガレット・ミッチェル)
  • そして誰もいなくなった
    (アガサ・クリスティ)
  • 時をかけるゆとり
    (朝井リョウ)
  • 風と共にゆとりぬ
    (朝井リョウ)
  • そして誰もゆとらなくなった
    (朝井リョウ)

そもそも「ゆとり」というワードは、著者の朝井リョウさんがゆとり世代(1989年生まれ)であるところに由来していると思っていたところ、以下のような記述を発見しました。

本書『時をかけるゆとり』というタイトルの意味を担当編集さんに聞いてみたところ、「ゆとり世代の著者が子供のころから今にいたるまで、変わりばえせず、馬鹿馬鹿しく可笑しい日常を過ごしている、というようなニュアンス」だと教えてくれた。

やはり「ゆとり世代」に由来していたのですね。

るき
るき

「ゆとりシリーズ」は何がそんなに面白いのか

読者がこぞって「外では読めない」、「涙が出るほど笑った」などの感想を残すゆとりシリーズ。

そんな爆笑エッセイのおもしろさの秘訣は、以下の3つに集約されます。

  • ワードチョイスや言い回しが秀逸
  • 究極の自虐ネタ
  • 朝井リョウさんの周りの人物たちが珍妙

ワードチョイスや言い回しが秀逸

何かに例える独特の言い回しや、言葉の選び方がとにかく天才的。表現力、語彙力、観察力といった朝井リョウさんのテクニックに加えて、ユーモアセンスが抜群です。さすが、ゆとり世代の人気エッセイスト

つき
つき

いや、平成生まれ初の直木賞作家だから。

究極の自虐ネタ

早稲田ボーイらしくシュッとした面長の顔を自ら「馬顔」を表現したり、便意のこと、痔のこと、秘部に関するエピソードも包み隠さず恰好つけずに語る。まさに究極の自虐ネタなので遠慮せずに笑えます。

直木賞作家の威厳を保つためには、もう少し包み隠すことを推奨します…。

るき
るき

朝井リョウさんの周りの人物たちが珍妙

朝井リョウさんの突拍子もない行動は「最近の若者は…」とお𠮟りを受けてもおかしくないレベルです。しかし、周りの友人、家族、医者、作家仲間、仕事関係者といった方々も、負けず劣らずスットコドッコイです…。

つき
つき

作品のおもしろさを引き立てる愉快な仲間たち♪

「ゆとりシリーズ」をもっと楽しむための秘訣

朝井リョウさんの爆笑エッセイ「ゆとりシリーズ」をもっと楽しむためのおすすめの読み方をご紹介します。

「ゆとりシリーズ」をもっと楽しむ2つの秘訣
  1. 読む順番を守る
  2. 関連書籍をあわせて読む
順番に
解説します

読む順番を守る

「ゆとりシリーズ」は刊行日の古い順から、以下の順番で読むことをおすすめします。

  1. 時をかけるゆとり(2012年刊行)
  2. 風と共にゆとりぬ(2017年刊行)
  3. そして誰もゆとらなくなった(2022年刊行)

エッセイなのでそれぞれ独立した作品であり、最新刊から手に取る方もいると思います。

でも、「ゆとりシリーズ」は何といっても三部作!

るき
るき

一作目の『時をかけるゆとり』から朝井リョウさんの10年の黒歴史 作家人生の歩み。

バレー、医者、痔、肛門など、様々なエピソードの後日談が続巻で語られています。

作品を存分に楽しむためには、刊行日の古い順から読みましょう。

関連書籍をあわせて読む

「ゆとりシリーズ」をより楽しむためには、あわせて読んで欲しい作品が4つあります。

ゆとりシリーズとあわせて読みたい4作品
  1. 『もものかんづめ』さくらももこ
  2. 『とりあえずお湯わかせ』柚木麻子
  3. 『発注いただきました!』朝井リョウ
  4. 『正欲』朝井リョウ

順番に紹介します。

るき
るき

1冊目

❶もものかんづめ(さくらももこ)

累計250万部販売した漫画家さくらももこさんの元祖笑えるエッセイ。『さるのこしかけ』『たいのおかしら』とあわせて初期三部作と呼ばれます。

何を隠そう朝井リョウさんは幼少時代にさくらももこさんのエッセイに憧れ、自身のエッセイも三部作にするのが夢だったことを公言しています。

そんな朝井リョウさんの作家業に影響を与えた一冊をぜひ堪能してください。昭和~平成初期の古き良き時代を思い出す、「ゆとりシリーズ」にも負けず劣らずの爆笑エッセイです。

『もものかんづめ』はオーディオブックの聴き放題対象作品です。なんとナレーターはアニメちびまる子ちゃんの声優を務めるTARAKOさん。ちびまる子ちゃんの声によって、作品の世界観へどっぷりと浸かれるのでおすすめです。

\ 初回14日間無料 /


2冊目

❷とりあえずお湯わかせ(柚木麻子)

人気作家・柚木麻子さんの2018年~2022年の4年間を綴った料理と育児のエッセイ。

柚木麻子さんは「ゆとりシリーズ」の常連。三部作に何度も出てきては朝井リョウさんと共にスットコドッコイエピソードを披露しています。二人は作家デビューが近く、仲の良い友達として「ゆとりシリーズ」の盛り上げに一役も二役も買っています。

ワンオペに近い育児やコロナ禍での自粛生活など、書いている内容は決して軽くありません。それでもコミカルな文章で楽しく読めるのは、柚木麻子さんの底抜けの明るさからくるもの。彼女の人となりを知れば、「ゆとりシリーズ」をもっと楽しめること間違いなし


3冊目

❸発注いただきました!(朝井リョウ)

イベントやキャンペーンで企業とタイアップした20作品が収録された一冊。短編小説とエッセイの両方が楽しめる「朝井リョウさんの良いとこどり」をした作品です。

企業からの依頼は、文字数・登場人物・物語のシチュエーションなど様々な制約がある中で、朝井リョウさんのエッセンスを加えてどのような作品を組み立てたのか作家業の裏側が見えるところに面白さがあります。

“解説”と称して朝井リョウさんが自身の作品にツッコミを入れまくる様は、さながら「ゆとりシリーズ」を読んでいるよう。もはや本作をあわせて「ゆとりシリーズ四部作」と呼んでも過言ではありません。


4冊目

❹正欲(朝井リョウ)

2022年本屋大賞で4位を獲得した朝井リョウさんの代表作。「ゆとりシリーズ」とは打って変わって、人間の”正しい欲”に切り込んだシリアスな作品です。

多様性やダイバーシティとはよく聞くけれど、読者の斜め上をいく衝撃の結末は傑作であり問題作。読了後のゾワゾワ感は忘れられないインパクトがあります。

爆笑エッセイと同じ作者とは思えない振れ幅こそ、朝井リョウさんの真骨頂。このギャップをぜひ楽しんでください。2023年には新垣結衣さん主演で映画化される予定。

『正欲』はAmazonオーディオブック「audible」の聴き放題対象作品です。話題の『同志少女よ、敵を撃て』を含む2022年本屋大賞ノミネート作品の多くが、audibleなら無料で聴くことができます。

\ 初回30日間無料 /

Amazonオーディオブック「audible」なら12万作品以上が聴き放題

「ゆとりシリーズ」を引き立てる4冊を、ぜひ堪能してください。

るき
るき

「ゆとりシリーズ」のあらすじ・感想

タイトル時をかけるゆとり風と共にゆとりぬそして誰もゆとらなくなった
初版発行2012年6月26日2017年6月30日2022年8月8日
発行時著者年齢23歳28歳33歳
内容大学生時代が中心兼業作家時代が中心専業作家時代が中心

ほぼ5年間隔で発売されている「ゆとりシリーズ」。

時の経過とともにエピソードも学生時代から作家時代へと移り変わり、朝井リョウさんの歩みが感じられます。

そんな「ゆとりシリーズ」三部作のあらすじや感想をご紹介します。

「ゆとりシリーズ」三部作の概要

❶時をかけるゆとり

  • おすすめ度
    4
  • 笑い
    5
  • 青春
    5
  • 背徳感
    4
  • 役に立つ
    2

学生編と社会人編から成る「ゆとりシリーズ」第一弾。本書を読めば、便意に司られる朝井リョウさんの残念な特性がほぼ理解できるはずです。残念ながら…。

マイベストエピソード
「地獄の100キロハイク」


❷風と共にゆとりぬ

  • おすすめ度
    5
  • 笑い
    5
  • 肛門度
    5
  • 背徳感
    5
  • 役に立つ
    1

「ゆとりシリーズ」第二弾。主に兼業作家時代のエピソードが中心。小説に込めがちなメッセージや教訓を「込めず、つくらず、もちこませず」に書いたそうです。残念ながら…。

マイベストエピソード
「同化体験5色ネット」


❸そして誰もゆとらなくなった

  • おすすめ度
    5
  • 笑い
    5
  • 排泄度
    5
  • 背徳感
    5
  • 役に立つ
    1

「ゆとりシリーズ」第三弾。もはや悪ノリの権化。ほぼ排泄の話しちゃってるよ、コノヒト。本書を読んで笑った方は、読者ではなく共犯者とお呼びします。残念ながら…。

マイベストエピソード
「空回り戦記~サイン会編~」

つき
つき

レーダーチャートがなんだか卑猥…。

シリーズが進むにつれて朝井リョウさんの羞恥心が崩壊しているね…。

るき
るき

\ Twitterでは読了ツイートを発信中 /

スクロールできます

「ゆとりシリーズ」は三部作で完結?

いつまでも読んでいられる朝井リョウさんの爆笑エッセイ「ゆとりシリーズ」三部作。

新作を読みたいと願う読者も多いはずです。もちろん私もその一人。

つき
つき

「ゆとりシリーズ」は今後も続くのかな?

残念ながら答えはNO。そう考えられる理由は2つあります。

  • さくらももこさんのエッセイが三部作
  • コロナ禍での環境の変化

さくらももこさんのエッセイが三部作

もともと朝井リョウさんがエッセイを書こうと思ったのは、さくらももこさんの影響。

そして、さくらももこさんのエッセイは『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』とあわせて初期三部作と呼ばれます。

そのため、「ゆとりシリーズ」としては憧れのさくらももこさんと同じ三部作で幕を閉じるのではないかと考えられます。

コロナ禍での環境の変化

「ゆとりシリーズ」には学生時代や会社員時代のエピソードが数多く含まれています。

しかし、最近の朝井リョウさんは専業作家となり自宅の執筆環境を整えたことで、家に閉じこもる機会が増えたとのこと。

そして、コロナ禍で取材なども自宅からオンラインで行うことが増え外出する機会が減り、おもしろいエピソードが生まれにくい環境になっていることも「ゆとりシリーズ」の中で明かされています。


以上より、「ゆとりシリーズ」としては三部作で完結するのではないかと考えられます。

つき
つき

『そして誰もゆとらなくなった』というタイトルも完結編としてなかなか哀愁が漂うね。

「ゆとりシリーズ」のファンとしては、まだ綴られていない結婚生活についてのエピソードもいつか読んでみたいものです。

朝井先生のことなので、新たなエッセイシリーズを立ち上げると予想しています…。

るき
るき

まとめ:「ゆとりシリーズ」のおすすめの読み方

それでは、「ゆとりシリーズ」のおすすめの読み方についておさらいです。

ゆとりシリーズとは?

朝井リョウさんの爆笑エッセイのこと。

『時をかけるゆとり』『風と共にゆとりぬ』『そして誰もゆとらなくなった』の三部作で構成されています。

「ゆとりシリーズ三部作とは?」に戻る⇑

ゆとりシリーズのおすすめの読み方は?

ゆとりシリーズを楽しむ秘訣は2つあります。

  1. 読む順番を守る
  2. 関連書籍とあわせて読む

「ゆとりシリーズをもっと楽しむ秘訣」に戻る⇑

ゆとりシリーズの読む順番は?

様々なエピソードの後日談が続巻で語られているため、刊行日の古い順から読みましょう。

  1. 時をかけるゆとり(2012年刊行)
  2. 風と共にゆとりぬ(2017年刊行)
  3. そして誰もゆとらなくなった(2022年刊行)

「ゆとりシリーズの読む順番」に戻る⇑

ゆとりシリーズとあわせて読むおすすめの本は?

以下4作品がゆとりシリーズの魅力をより引き出すのでおすすめです。

  1. 『もものかんづめ』さくらももこ
  2. 『とりあえずお湯わかせ』柚木麻子
  3. 『発注いただきました!』朝井リョウ
  4. 『正欲』朝井リョウ

「ゆとりシリーズの関連書籍」に戻る⇑

ゆとりシリーズのあらすじ・感想は?

著者・朝井リョウさんの学生時代・会社員時代・作家時代のスットコドッコイエピソードを、絶妙な語り口で綴った爆笑エッセイです。

「ゆとりシリーズのあらすじ・感想」に戻る⇑

最後まで読んでいただきありがとうございました。

るき
るき
audibleのバナー

30日間無料キャンペーン実施中

  • 2022年1月より聴き放題に生まれ変わったAmazonオーディブル
  • 聴き放題対象作品は本屋大賞受賞「同志少女よ、敵を撃て」を含む12万作品以上
  • 家事をしながら、通勤しながら、忙しい人でも「ながら読書」で続けられる
  • 無料体験期間内に解約すれば一切料金は発生しません(いつでも退会可能)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次